検索エンジン上の誹謗中傷・風評被害を検知・分析しましょう。

mainvisual_v03

BENCHMARK(ベンチマーク)は、自社ブランドの健全性を自動監視・検知するWEBリスクマネジメント専門のクラウドツールです。

どのような企業・ブランドも評判を調べられるのが当たり前の時代。
自社名・ブランド名の検索結果で誹謗中傷・風評被害サイトが上位表示していると、その損害は計り知れません。

BENCHMARK(ベンチマーク)は、そのような状況に対して即対応するためのツールです。
特定キーワードの検索結果を常時監視し、ネガティブな情報のアラートを出します。

BENCHMARK(ベンチマーク)は、安心・安全な自社ブランド構築をサポートいたします。

2ndvisual_v3

主要機能

func01_01v3

WEBリスクを検知したいキーワードを登録

BENCHMARK(ベンチマーク)は、登録したキーワードにおける検索エンジン上の検索結果を上位30件まで表示します。
また、入力補助/関連検索キーワードも上位10件まで毎日取得可能です。
func_02v4

誹謗中傷・風評被害サイトを設定

取得した検索結果/入力補助/関連検索キーワードの中に、貴社に対して誹謗中傷・風評被害を行っているサイト/キーワードがある場合、⼿動設定できます。

また、アラート通知も設定できるため、ネガティブな情報を⾒逃すリスクを回避できます。

func_03

検索エンジン上の検索結果情報をレポーティング

取得した検索結果/入力補助/関連検索キーワード情報を毎日取得しレポート出力できます。
これにより、貴社に対して誹謗中傷・風評被害を行っているサイト/キーワードの数がどれだけ増加/減少したか可視化するこが可能です。

ご利用の流れ

ご利⽤の流れはとてもシンプルです。気になるキーワードを設定して、貴社にとってポジティブ情報かネガティブ情報か割り振るだけ。
あとはBENCHMARK(ベンチマーク)が貴社に代わって検索エンジン上の動向をレポーティングしてくれます。
flow_01

1、会員登録

まずは会員登録を⾏って下さい。もし退会したい場合も簡単なステップでできるので安⼼です。
flow_02v4

2、キーワードを設定

次は気になるキーワードを設定してください。会社名、個人名、複合ワード(例.「エフェクチュアル 評判」)など、様々なキーワードを設定できます。
flow_03

3、貴社のポジティブ/ネガティブサイトを設定

取得した検索結果に対して、自社にとってのネガポジを割り振ってベンチマーク開始となります。

誹謗中傷・風評被害にお困りの場合

オンライン評判管理のプロフェッショナル、エフェクチュアルにご相談ください。
様々なノウハウやテクニックを駆使し、企業・個人の課題解決を最適な手法で支援いたします。
sol_01v1

調査と対策のご提案

現状の課題をヒアリングし、最適な対策をフェーズに分けてご提案いたします。

sol_02v1

否定的な記事の排除(逆SEO)

適切な排除方法で根拠のない否定的な記事の排除・プレゼンス低下に着手いたします。

sol_03v1

肯定的なレビュー構築

積極的にポジティブな情報発信を行うことにより、相対的にネガティブな情報のプレゼンスを下げます。

よくあるご質問

どの業界にも対応しております。
BtoC/BtoB問わず、誹謗中傷・風評被害に悩む企業様はぜひご相談ください。

問題なく可能です。
これから受ける可能性のある誹謗中傷内容を予測し設定しておくことで、炎上の事前対策ツールとしてもご利用いただけます。
すでに誹謗中傷を受けている方も、これから誹謗中傷を受けないか不安な方も、ぜひご相談ください。

使い方に悩まない直感的な操作性となっておりますが、ご不明な点があれば弊社サポートまでご連絡ください。

お問い合わせ・資料請求